今日もお疲れ様です。

昨夜のFXですが、米国雇用統計がありました。でも、うちが見ているツールでは指標の発表が遅くて21:34になってようやく出ました。なので、すでに値動きが終わってしまってあまり参加出来なかった。今回はなんであんなに遅かったんだろう・・・
0706-1
※7/8月は人間ドック受診のため、株トレードは休みます。


7月4日 先物オプション記事の続き

東北地震の影響により、日経225先物オプションで発生した問題で多くの退場者が出た。3月11日は金曜日で、テレビで悲惨な状況が伝えられてはいたが、市場はまだそれほど悲観的ではなかった。

翌12日にとんでもない事態が発生する。福島原発がメルトダウンし1号機3号機の建屋が爆発した。これを受け14日に日経225先物が暴落を始める。サーキットブレーカーも何度か発動した。

そしてその14日20時頃に、225オプションが暴走するという事象が発生した。引き金になったのは、リアルタイムで証拠金維持率を監視しているシステムが、一部のプットでロスカットを発動し、それの連鎖で価格が暴騰したものと言われている。

この暴走により、本来であればつかないような異常値がつき、その値段でロスカットされた人は大きな損失を被った。

下のスクショは当時10億の負債を抱えた人の書き込み。
0706-2
オプションで10億の負債というのは、私の知る限り一般個人では最も高額の負債です。ちなみにこの方は、リアルタイムで証拠金維持率計算する口座ではなかったそうです。後の証拠金計算で追証が発生し、払えなかったので強制決済されたそうです。

確かこの人は、どこかの時点では「損切りしようと思えば出来ていた」と言っていたと思います。ただ「損切り額が数千万?くらいで、デカ過ぎて出来なかった」とおっしゃっていたように記憶しています。

それでも10億の負債に比べたら遥かにマシだったわけですが(>_<) この方は現在どうしていらっしゃるのだろう・・・

このときの問題点として個人的に思うのは、システムの問題もあると思うけど、こういう異常事態にも関わらず、なぜ市場を閉鎖しなかったのか?ということ!!

なぜ、こんなときに営業する必要があったのか?当分の間市場を閉鎖して落ち着きが戻ったころに、空売り禁止などの条件付きで開ければよかったのではないのか?わざわざ余計な破産者を出してしまったと思うのよ(T_T)

続きはまた~(*'▽')

※この記事は、先物オプションに興味がある人に対して、注意喚起の意味合いを込めて書いております。記事の内容に、正確性に欠ける部分もあるかもしれませんがご容赦ください。


今日の花さん
0706-3
かわいいな~(*´∇`*)


今日もブログに来てくれてありがとうございます。


人気ブログランキング